お電話でのお問い合わせはこちら

古民家・旧家リフォームの一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜

058-215-0841

記事
blog

現場で指揮をとる〜一般社団法人 古みんか倶楽部岐阜〜

2016年09月19日

image

古民家の改修工事が始まりました。

以前、新聞を見てお問い合わせ頂いた関市の古民家オーナー様宅です。

梅村理事長が初めにご挨拶に伺い、シロアリ調査を経て今回の改修工事が始まりました。

私は高山市での現場を済ませ、お昼過ぎから現場へ入りましたが、梅村理事長は朝から現場に来ており、棟梁の西川さんと状態を確認しながらシロアリ食害部の土台を取り除いて新しい土台へ交換する作業を手伝っています。image

梅村理事長は一級建築士として図面も引きますが、メンバーの誰よりも木造の建物が大好きなので、現場に足を運んでくれては一緒に考えたり手伝ったりしてくれます。

建築基準法を基に続けて来た勉強会では、建築の知識を私たちに教え、色んな質問に応えてくれます。

また積極的に現場の指揮をとって頂ける事もあり、そのおかげで私たちはどんなに難しい工事でも安心して施工することができます。

古みんか倶楽部岐阜にこの梅村理事長無くして成り立たないのは言うまでもありません。

また建築以外でも幅広く知識を備えているため倶楽部でも「梅さん」の愛称で親しまれ、倶楽部のご意見番としても定評があります。

image

シロアリに食害された土台はこのように新しい土台へと交換されていきます♪

image

施工後の土台はいったいどのようになったか?

棟梁西川のコーナーでご紹介させて頂きます。

倶楽部にとっても勉強になる古民家の改修工事。

とても楽しく古民家の改修工事をさせて頂きました関市の古民家オーナー様に感謝感謝です。

いつも有難うございます。

 

本日は梅村理事長が所要により、事務局 永嶺が代筆させて頂いております。

月曜日は理事長 梅村のコーナーです。

明日は一級建築士 鈴木のお話をご紹介させて頂きます。

お楽しみに

☆古みんかライター 事務局長 永嶺☆

 

 

ページトップへ

©一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜