お電話でのお問い合わせはこちら

古民家・旧家リフォームの一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜

058-215-0841

記事
blog

古民家をリフォームするために大切な4つのこと〜一般社団法人 古みんか倶楽部岐阜〜

2016年10月15日

image

防除衛生管理業の永嶺です。

本日は古民家をリフォームするために知っておきたい大切な4つのことについてお話しします。
まず何かを実行するためには必ず下記のような事を取り決めて物事を前へ進めていきます。

1. 目的
2. 計画
3. 実行
4. 結果

これは本を構成する時も同じで「起承転結」という形式のように、
『起』テーマ、物事の始まりやきっかけ。
『承』章ごとに内容を細分化します。
『転』色んな角度から物事を検討して考えます。
『結』様々な事柄を積み重ねて結論へと結んでいきます。
私が本を書くときもこの手法を重視します。
もし、一番言いたい事や伝えたい事を先に書いてしまうと多くの読み手は混乱してしまいますよね。
音楽の歌詞ならそんなことはないと思いますが…

実はこれ、色んなとこで役に立つとても大切なことなのです。
たとえばこれを古民家のリフォームにあてはめますと

「古民家をリフォームしたい」
1. 目的(何のために)
2. 計画(相談、問い合わせ、打ち合わせ)
3. 実行(工事着工)
4. 結果(工事完成)

古民家をリフォームしたいと考えた時には先ずここまでを連想することが大切です。

古民家に限らずですが、お家をリフォームしたいと考えているならば、この4つを重要視して頂きたいのです。

いきなりテーマから結果に行ってしまって、「お任せ状態のリフォーム」をよく見かけることがあります。
ストーリー性もなく、ただ漠然と古民家をリフォームしたいと考えているだけでは、リフォームした後に次回のリフォームはこうしたい、ああしたいという気持ちがどんどん薄れて行ってしまいます。

リフォームには費用との兼ね合いも当然ありますが、大切なことは完成するまでのストーリーと、完成した後のストーリーをどのように描き行程を重ねて行くかが重要です。

古みんか倶楽部岐阜にはなぜ設計士や一級建築士が多く在籍しているのでしょうか?
私も建築関連の団体に所属して来ましたが、これほどまでに多くの設計士や一級建築士が在籍している団体へ所属したのは初めてです。

つまりはお客様の声や夢、あるいは思いをカタチにすることができる魔法使いが多く在籍しているという事になるのだと思います。

image

※写真は10月定例会時の風景です。

 

いかがでしたか?
本日は防除衛生管理業 永嶺のお話をご紹介させて頂きました。
古みんか倶楽部岐阜では日替わりで古民家について専門家のお話を掲載致します。
毎週土曜日は防除衛生管理業 永嶺のコーナーです。
明日は解体業 榊原のお話をご紹介させて致します。

☆古みんかライター 事務局長 永嶺☆

ページトップへ

©一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜