お電話でのお問い合わせはこちら

古民家・旧家リフォームの一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜

058-215-0841

記事
blog

コンクリート基礎の亀裂補修〜一般社団法人 古みんか倶楽部岐阜〜

2016年11月05日

image

防除衛生管理業の永嶺です。

リフォームは「お家の古くなったところをやりかえる」
そんな風に感じてはいませんか?

どうしてリフォームしたのかを尋ねると大半が古くなったからと住まい手は答えます。

リフォームは古くなったからやり変えるのではなく、経年変化で傷んだ箇所をメンテナンスするためにリフォームすると作り手は考えています。

あらかた修繕をしきれいにリフォームされた床下へ入ると意外と置き去りにされているのが、「コンクリート基礎のリフォーム」です。

作り手も土台から上部はきれいに直していますが、コンクリート基礎にはクラック(亀裂)が入ったままになっていることをよく見かけます。

image

古みんか倶楽部岐阜ではコンクリート基礎に入った亀裂までしっかりとリフォームさせて頂きます。

作り手も見落としがちな床下環境をサポートするのが、普段見れない場所を専門としている私たちのお仕事の大切さなのであります。

クラックの入ったコンクリート基礎もこのように補修して、強度を保つように戻していきます。

image

 

いかがでしたか?
本日は防除衛生管理業 永嶺のお話をご紹介させて頂きました。
古みんか倶楽部岐阜では日替わりで古民家について専門家のお話を掲載致します。
毎週土曜日は防除衛生管理業 永嶺のコーナーです。
明日は解体業 榊原のお話をご紹介させて頂きます。

☆古みんかライター 事務局長 永嶺☆

 

ページトップへ

©一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜