お電話でのお問い合わせはこちら

古民家・旧家リフォームの一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜

058-215-0841

記事
blog

古民家診断〜一般社団法人 古みんか倶楽部岐阜〜

2017年01月21日

image

先日、年明け第一回目の古民家診断を実施致しました。
久しぶりに素晴らしく立派な古民家を診断させて頂きました。

image
最近は岐阜県だけでなく近県からも古民家診断の案件が来るようになってきました。
しかし、話を聞いてみると維持管理以外の悩みもつきないのだとか…
先ず、古民家の案件で多い相談がこれから先もその古民家住んでいくのか?どうか?がよく焦点になります。
「この家を守りするのも私たちの代で終わり」という言葉もよく耳にします。
古民家に住んでいらっしゃる方はだいたいどこも同じ悩みを抱えていたりするようですが、中には地元を離れ、仏さんや建物の管理をするためだけに、定期的に帰省されている方もいらっしゃいます。
古民家のような昔の造りは、建築基準法という法律上二度と同じように建てる事はなかなかできません。
オーナー様にはできることなら現状のまま、末長く住んで頂きたいと思うところではあります。
しかし万一、空き家にしておいたり解体しようかどうかお悩みであるならば、ぜひ一度古みんか倶楽部岐阜までご相談ください。
オーナー様と一緒に考えアドバイスさせて頂きます。

 

 

 

 

いかがでしたか?
本日は防除衛生管理業 永嶺のお話をご紹介させて頂きました。
古みんか倶楽部岐阜では日替わりで古民家について専門家のお話を掲載致します。
毎週土曜日は防除衛生管理業 永嶺のコーナーです。
明日は解体業 榊原のお話をご紹介させて頂きます。

☆古みんかライター 事務局長 永嶺☆

ページトップへ

©一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜