お電話でのお問い合わせはこちら

古民家・旧家リフォームの一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜

058-215-0841

記事
blog

古民家診断で活かせる事には〜一般社団法人 古みんか倶楽部岐阜〜

2017年01月28日

image

防除衛生管理業の永嶺です。

先日、倶楽部にて古民家の診断をさせて頂きました。

古民家をどうしても残していきたい。

次世代にこの建物が大切に扱われるようにしたい。そんな思いもあり、また古民家の技術継承を期待してこそ、毎日日替わりで古民家の発信を続けています。

最近は古民家に力を入れる企業も増え、また古民家で地域再生に取り組む若者や団体も増えてきました。

しかし、残していく以上は莫大な維持費が掛かってしまいます。

もちろんその維持管理費な工面は持ち主の負担となりますの。

古民家を扱うとき時々一筋縄ではいかないことが多々あります。

残していきたいのは山々ではありますが、維持費の工面から渋々解体ということもあるでしょう。

もったいないですが、もし維持管理に迷っておられたり、空き家の状態にされているのでしたら解体してしまうのが得策です。

ご存知の通り建物がもろくなればなるほど解体費用もぐんっと高くなります。

もし、解体せずに持たせていきたいというお考えが少しでもございましたら、経費をそう掛からずに持たせる手段があります。

それは古民家の状態にもよりますが、ぜひ一度お問い合わせください。

 

 

 

 

 

いかがでしたか?
本日は防除衛生管理業 永嶺のお話をご紹介させて頂きました。
古みんか倶楽部岐阜では日替わりで古民家について専門家のお話を掲載致します。
毎週土曜日は防除衛生管理業 永嶺のコーナーです。
明日は解体業 榊原のお話をご紹介させて頂きます。

☆古みんかライター 事務局長 永嶺☆

ページトップへ

©一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜