お電話でのお問い合わせはこちら

古民家・旧家リフォームの一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜

058-215-0841

記事
blog

古い木材の買取解体商法に注意〜一般社団法人 古みんか倶楽部岐阜〜

2017年03月11日

image

防除衛生管理業の永嶺です。

本日は未曾有の被害を引き起こした東日本大震災から丸6年。

津波の被害によって、大切な命を犠牲となった多くの方々へ追悼の意を込め黙祷を捧げます。また心よりご冥福をお祈り申し上げます。

さらに深い悲しみを背負いながらも、前を向いて生きている方々へ強いエールを送らさせて頂きます。

「黙祷。。。」

 

本日のブログです。

先日、岐阜県内から古民家活用相談のお問い合わせがありました。
最近は県内での地道な活動の甲斐あってか、古民家の相談が増えて来たように感じます。
私たちは古民家から取り出した古い木材を再利用するための加工技術があり、また虫食いの被害にあっていたないかチェックしながら古い木材を新しい建物に使っています。
よく解体と合わせて買い取るなんて商法がありますが、はっきり言いますが、古い木材を買い取る人はほとんどいません。
あれは一種の「解体商法」で解体費用に買い取り費を上乗せして最終的には50、60万円のお金が手元に戻る様な仕組みになっています。
つまり、解体を依頼したお客様は解体費用に買取費を支払い、後ほどキャッシュバックされているなのだけで、実質はお金を出し入れしただけの話で手元に戻る頃には2、3割抜かれているのが現状です。
従って、お客さん以外は誰も痛い思いはしないという仕組みになります。
古みんか倶楽部ではそんな回りくどい事はしません。
古い木材を再利用可能かどうかの調査と判断は行いますが、解体商法のようなお客さんが不快な思いはさせません。
なぜなら私たちは岐阜市に籍を置き、地元密着で社会的な活動を行っているからであります。
古民家を解体するにしても買取って解体する費用よりもグ~ンっと値段も安くなります。
解体商法には十分お気をつけください。
また古い木材を再利用するといって、捨て場へほかっているのが現状です。
建物を解体する前には、遠慮なく古みんか倶楽部岐阜へご相談ください。

 

 

 

 

いかがでしたか?
本日は防除衛生管理業 永嶺のお話をご紹介させて頂きました。
古みんか倶楽部岐阜では日替わりで古民家について専門家のお話を掲載致します。
毎週土曜日は防除衛生管理業 永嶺のコーナーです。
明日は解体業 榊原のお話をご紹介させて頂きます。

☆古みんかライター 事務局長 永嶺☆

ページトップへ

©一般社団法人 古みんか倶楽部 岐阜